2014年01月30日 教授

LINEで送る

前回、1期生の選考について述べたが、初めての選考なのでどういう基準で選んでいいかまったく見当がつかなかった。何せ300人ということで、面接どころか、まったく会うこともできなかったので、純粋な書類選考のみだった。趣味があうだろうからということで、アイドルやサブカルなどの流行現象に興味がありそうな学生を中心に選んだ。やはりというか、女子の方が元気が良さそうな子が多かったので、結局、男子10名、女子14名を選んだ。出身高はあえて問わなかったが、ふたを開けてみると、14名の女子のうちの8名が「法女」出身であった。ちなみに、当時の私は、「法女」という付属校があることさえ知らなかった。法女軍団は明るくパワフルであったが、そのおかげで男子がややイジケ気味になってしまったのは予想外であった。なお、ビデオ制作を打ち出したわりには、私が純粋に映像素人だったので、8ミリやってましたみたいな学生は選ばなかったような気がする。まあ、その程度の覚悟だったということで、経験者は、高田くんぐらいだったかな。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールアドレス

パスワード


>ログインできない方はこちら

LINEで送る

キーワード

ページトップへ戻る