2016年01月02日 教授

LINEで送る

稲増ゼミOBOG、現役生の皆さん,そして稲増ゼミに関心を持ってくださっている皆さま。あけましておめでとうございます。
稲増ゼミは相変わらず元気にやっています。2015年には4期生の大村正樹くんの息子である純平が稲増1ゼミ(32期生)に入り、親子ゼミ生が誕生しました。今までに、3組の兄妹姉妹ゼミ生がいましたが、親子は初です。つくずく歴史を感じます。
1ゼミでのニュース、ショートフィルム、MTV、ゼミプロモというメイン課題は不変ですが、2ゼミの活動で、NHKミニミニ映像大賞、法政大学デジタルコンテンツコンテストに加えてMY JAPAN AWARD(日本を海外に宣伝する広告賞)にも出品しており、外部への発信力を高めようとしています。ちなみに、ミニミニ映像大賞では、久々に30秒部門のファイナリストが生まれています。その作品は、このサイトでも紹介します。
就活では、世の中の「マスコミ離れ」がかえって追い風になり、この5年間だけで東京キー局に6名のゼミ生を送り込み、ここだけの話で、3年女子でテレビ*日アナ内定者が出て、これも稲増ゼミ史上初です。
情報発信のためにも、このサイトを活用していきたいので、特にOBOGの方々は、何かいいアイデアや積極的な利用をお願いします。

“2016年の年頭メッセージ” への1件のフィードバック

  1. 松井英光 より:

    稲増龍夫先生、
     大変ご無沙汰しております。テレビ朝日の松井英光です。以前、『サンデージャングル』などで、SMAPや安室奈美恵などの人気の秘密について、先生のご自宅で数回ロケをさせて頂き、大変お世話になりました。
     その後、東京大学大学院社会情報研究所に進学して、濱田純一先生、丹羽美之先生に担当教官になって頂き、今年の3月に博士号を取得しました。論文審査には、藤田真文先生にも加わって頂き、大変お世話になりました。
     今年から、会社に行きながら、東洋大学と実践女子大学の非常勤講師となり、一方で、テレ朝では現場を離れて広報湖y九のCSRを担当する部署で、「出前授業」なども担当して、大学のみならず小・中学校にも講義に行っております。
     その中で、名古屋外国語大学では中村亮介さんにも大変お世話になり、稲増先生とも近しい間柄であると伺いました。また、一昨日にも会食で、電通の川畑まいさん、元セントフォースの山元香里さんとご一緒して、「自主ゼミ」出身で講師もやると聞き、稲増先生の話でも盛り上がりました。
     そこで、もし需要があればですが、OBではありませんが、私も稲増先生のゼミに講義に伺えればと思っております。テレ朝の「出前授業」の一環で伺えますので、無料で行けますので、遠慮なくお申し付け下さい。
     では、名古屋外国語大学の中村さんと、一度、東京で稲増先生と食事でも行きましょうと話しておりますので、また、お目にかかれるのを楽しみにしております。
                                   テレビ朝日 松井英光

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ログインID

パスワード


>ログインできない方はこちら

LINEで送る

キーワード

ページトップへ戻る